FC2ブログ

サマーディズ・ソニック再襲来

今日は9月11日。
詩人、山之口獏さんの誕生日なのだ。

なぜ獏さんの誕生日を記憶しているかというと、2003年の今日、“命どぅ宝ネットワーク”主催の『山之口獏生誕百年祭』に獏さんに扮して獏さんの詩『がじまるの木』その他数篇を朗読したからで、獏さんの生誕を祝福するのならばと、もとよりヤマトンチュの記者としては沖縄の悲劇を歌うことはあたわず、もっぱら「あるべき沖縄」を歌ったものを選んだのだ。
獏さんは明治36年の生まれなので今年は生誕114年なのだ。
獏さんは現在も生きている。
だが、今日は祝福の日であると同時に、追悼の日でもある。
いや、それを言うなら毎日が祝福と哀悼の日であって、なにも2001年のニューヨークの事件を持ち出すこともない。
毎日、誰かが生まれ、誰かが死んでゆく。
それでも、この日が近づくと「いのち」を考える。
なぜならば、だ。
実を言えば個人的なことなのだが。
・・・・・
あさって、13日は記者の誕生日なのだ。
それも、55歳の。

ふらんす辺りだと定年退職の歳なのだ。
もうひとつの峠に向けて歩みを踏みだす準備ができているだろうか。
・・・・・
とりあえず、明日12日は7月に‟滑りに滑った”下北沢の庄野真代さんのお店Com.Cafe音倉の平和音楽祭「セプテンバー・コンサート」で歌うのだ。‟リベンジ”なんてケチな理由置いておき、‟「いのち」を考えるところに三摩地あり”の実践と思っていただきたい。
54歳の最後の夜なのだ。
しっかり歌いたい。
・・・・・
だが、翌朝。
55歳を迎えて、記者のこころは大いに揺さぶられるのだろうか。
・・・・・
揺れたら揺れたで、それでいいのだ。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)