FC2ブログ

6月のライブに関するあれこれ

5月15日のライブのテーマは“母”でした。
五月というのは記者にとって特別な月で、3日が母の命日なんです(GW期間中にあるので毎年遊びに出かける気がしません)。それと「母の日」。
男にとって“母”というのは特別の存在ですよ。バカなことをやっても許してくれるような・・・
まぁ、記者が“母”を歌えば湿っぽくなるのはあたり前。そこで最後は景気づけにやりましたよ、『すいか菩薩』。ライブでやるのは実に3年振り。スネアドラムを横に置いての弾き語りならぬ“叩き語り”で大好評でした。

さて、6月のライブは 5日(水)と 27日(木)。 
共に ライブ&バーRUTO にて20時から。
所在地その他はお店のHPで確認してもらうとして、なにをやろうか?
「父の日」があるから父モノを用意しようか。
それとも・・・
先日、知人のライブに行って、今また思うことがあって、そのことについての考察を絡めての展開も遣る価値があると考えていたりして。
たとえば、
おそろしくテンションの高い芸をみせる女性がいる。ところが自我の強すぎる舞台からは痛みばかりが感じられる。他人を受け入れる優しさがない。記者は彼女に母性を求めるのだが、それが叶ったとき、なにが残るのだろうか・・・
というのはどうかしら?
え?
「母性がないのは女じゃないなんて、セクハラよっ!」って?
そうゆうことを言ってるんじゃないんだよ、ボクは!


お店のHPはこちらから。
http://ruto.sa-kon.net/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)