FC2ブログ

四年たったらまた会いましょと、交わす挨拶夢かしら?

バカボンのパパ : おい、バカボン。これからうちでパーティーをするのだ。
バカボン    : パパ、それどころじゃないよ。うち、いま火事だよ。
バカボンのパパ : なら来た人に消火活動してもらうのだ。
バカボン    : その前にうち焼け落ちちゃうよ! 
バカボンのパパ : それでいいのだ。

まぁ、なんてお馬鹿な会話なんでしょうねぇ。これ、赤塚不二夫さんの漫画だったら笑えますけれども、他人事と違いますのん。いま起きてることですねぇ。じぶんちの火がひとんちに移ったら大変ですねぇ。まず火を消さないといけませんねぇ。
むかし『魚が出てきた日』いう映画ありましたねぇ。魚がいっぱい浮いて死ぬんですねぇ。なぜかしらん?人間が馬鹿なことしたからという、なんともしれんコワイ映画でした。あれ1968年に公開されたの。68年いうと『猿の惑星』公開された年と同じね。あれも怖かった。あのラスト。あんた観たでしょ。なに?鹿のハクセイなら博物館で見た?あんた顔洗って『小鹿物語』でもごらんなさいな。
市川崑の『東京オリンピック』、あれ面白かったね。選手が競技の前に緊張してブルブル震えるのん。その表情撮っているのね。競技を記録するんじゃないのん。競技をする選手を撮ってるのね。戦争負けて、まあ日本もここまで来たかいなぁって、みんな夢中になってねぇ。あんた知ってる?オリンピック。戦前に東京でやるはずだったのん中止になったのね、戦争で。こんどまた東京でやりたい言ってるでしょ。できるのかしらん?
あの原発ねぇ。あれ、どうしようもないねぇ。なんか偉い人が「すぐには影響はありません」言っていた放射線の影響、悪い形でリオ五輪の年あたりから目立ちだしたらどないしますのん?むかしみたいに返上するのかしらん?モスクワみたいにボイコットするところが出てきたら恥の上塗り・・・ああ、いけませんねえ。恥とかそうゆう話じゃないですねえ。
オン・ザ・ビーチ、『渚にて』いう映画あったねぇ。人類が死に絶えた世界でわけのわからんモールス信号を打っているのが転がったコカ・コーラの空き瓶だったいう話。本当に起きたら、あんた、怖いでしょう?なに?さっきからブルブル震えてる?あんた熱あるんと違いますのん?はやく寝たほうがよろしいね。
選手も心配でしょうねぇ。
ブルブルですねぇ。
コワイですねぇ。
さあ、もうお時間がきました。また会いましょうねぇ。
それでは、サヨナラ、サヨナラ、サ・ヨ・ナ・ラ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)